サイトマップ 


Gaikou Syokunin Nakashima Inc.

外構工事の施工時における、こだわりの仕上げ

私が気をつけて、行っている仕上げ方法のこだわりのほんの一部の御紹介です。
全てをインターネットで公開はできませんが、参考にしてください。

業者さんが参考にしても、
「そんなに細かいことを職人さんに指示していたら、職人さんが怒ってしまうよ!」
といった内容なので、自信をもって施工しております。



<最近はやりのこてぬり壁>

 「あれっ、なんでお隣はきれいなの?」

せっかく新築で、とってもお洒落にしたのに数年で汚れてしまっては
ショックです。

工事完成後にお客様の家に庭木の消毒などにお伺いしたときに
壁などが、汚れていると、私もとっても気まずい思いをしてしまいます。

そんなところから、こだわりの仕上げのいくつかを考えるようになりました。

よく普通の会社が塗っている施工方法をみていますと、
数年で、みずあかがたれてきてしまい、よごれてしまうので、
私は、まず、塗る材料を、高耐久のOO樹脂のものを使います。
これだけでも、お隣の家とは、格段に汚れ方がちがいます。

そして、どうしてみずあかが垂れるのか、どうしたらたれないのかを考えながら 下地、仕上げをしていきます。
具体的には、テンバの勾配を後ろ向きにしたり、みずあかのたれるもとになる
でっぱりをなるべくつくらないようにしたり・・

ここまでで、ほとんどよごれないのですが、さらに
テンバにレンガを積む場合、そのメチ部分からのモルタル成分の分解から
数年後、タラ〜っとたれてくるのをふせぐために、
OOをぬります。

こてのぬる厚さ、パターンもお客様のイメージによって変えています。

モダン住宅に輸入風のこてこてではおかしいですよね。
モダン住宅の場合は、
コテムラを薄く、ほとんどフラットにみせるために、うすく塗ります。
ただ、そのまま薄くぬると、下地の透けてしまう部分があるために、
薄く2回ぬります。
角は面をとって塗っていきます。

輸入住宅風のややコテコテの場合は、
塗り材をそのままぬると、とても安っぽくなってしまいます。
骨材をある分量まぜて、塗り、その日の気温、日当たり具合、風などから
乾く具合をみて、パターンをつけていきます。
その辺は、経験ですので、簡単そうにみえて一番むずかしいところですね。

ざらっとした感じがいいか、ややフラットか、見本をコンパネに塗って
お客様に見ていただいて、それから決定して塗っています。

壁などの色きめで一番むずかしいのは、
図面では、イメージがわきにくいところです。

1/100の図面ではフーンといった壁でも、
できてみるとびっくり、とっても圧迫感のある壁なんてことも・・・

ですので、下地のブロックを積み、下地のモルタルを塗り、
それから、色を決めて、材料を発注します。

先に全部決めてしまえば、作業もどんどん進み、儲かるかもしれませんが、
出来上がってから
「どうもイメージがちがうな〜」では
私はとっても心が痛く、ショックを受けてしまいます。

ですので、こうした方法をとっています。

その、下地の状態で数日おいて、雨、風にあてることが、
垂れるものは先に全部たれさせておくといった意味でも、
いいほうにいっているような気がします。

このまま、語らせるとページが10mくらいになってしまうので(笑)
今日はこのあたりでおしまいにします。


次回は「レンガ積み」です。





Gaikou Syokunin Nakashima Inc.