サイトマップ 
 


  「今日も、会社から現場の様子を見ようっと」
 
        


  工事中にほとんどの方は、忙しく現場を見にこられません。

 「でも、ほんとにしっかり鉄筋が入っているのか不安なんだよな・・・」

 自分の目で確かめたいんだけど。

 「このまま、設計の通りにブロックを積むと、こんな高さになるのか!」

 「やっぱり、この高さでやめてもらおうかな?」

 
 現場に顔を出さない間にどんどん、どんどん工事は進んで行き
 
 肝心な部分は闇の中へと

 
 でも安心!


 外構職人ナカシマでは、工事中に私が、
 
 構造の鉄筋の様子などをデジカメでとり、その写真をすぐ、

 お客様専用ホームページで確認頂けるのです。

 自信をもって、構造からしっかり施工していないとできないサービスですし、

 自分でホームページをつくっているアットホームな会社しかできないサービス



 下記の現場ホームページ 参考例をご覧ください。


 

 M様邸 現場報告です。

  宅造申請のCP型枠土留めブロックの施工の様子です。

 
     工事前 04.7.12.


 
  ガレージ部分土間解体 奥行き1.6m解体してあります。


 新設、CP型枠ブロックのコンクリートベースの幅は、1260mm 道路から 1360mmですので、
 それより奥の部分が水はけ用の穴となります。 約幅24cmが下に水が抜ける部分です。



   階段部分 解体。ケンチ石、上から1段解体。


            7/15
                          水の排水用の穴あけ。約90箇所以上あけてあります。

    7/26(月)
                             掘り方の後、砕石40−0を敷き、転圧しています。

    7/26(月)
                            鉄筋コンクリート基礎の下に捨てコンクリートを打ちます。
                            厚さ 5cm ナマコン 180−8−25


    7/27(火)
                                                                     基礎の鉄筋組


    7/27(火)
                                      基礎コンクリート打ち完了です。

   7/28(水)
                                    1段目、ブロック積み、鉄筋の様子

   2段目、化粧ブロック積み、鉄筋の様子


   あと、5段です。水抜き穴3箇所
                                明日から台風だそうで
                                工事は天気次第になりそうです。
                                多分、今年一番の暑さでしたが、
                                頂いた水でもちこたえました。


     CP型枠ブロック 鉄筋 バーサポート


     CP型枠 鉄筋


   テンバ 鉄筋


   7/31(土)
                                                          中込めコンクリートです。


   コンクリート打設完了


   8/4(水) 埋め戻し、裏込め砕石です。


 トップページへもどる